ハニーセレクト SBX2 Uncensor 0.6導入と顔のノーマルマップを作製

ハニーセレクトにSBX2 Uncensor 0.6を導入しました。モザイク…いわゆる藻消しです。

ただ、あんまり造形が良くない。というのもHシーン使用前提の為かくぱぁしちゃってるんです。
自分はスタジオで突っ立てるシーンで使用することがほとんどなのでその状態でくぱぁしちゃったら興ざめです。これはSB3Uでcf_base.unity3d内p_cf_body_00のbone、cf_J_KokanのX軸のscaleを0.5にしておきます。これでちょっと閉じてましになります。

あとSBX2 Uncensor 0.6を入れると体のテクスチャ、ノーマルマップなどが変わります。皮膚表面の凸凹がちょっとリアルになりますね。ドアップで見ると過剰気味ですが1920×1080のモニタならこれぐらいがちょうどいいと思います。

で、ここからが本題。体はリアルになりましたが顔がリアルになってないんです。
顔のノーマルマップは今のところないようです。
そこでプレイクラブのときのような簡易的なノーマルマップを作りました。

Before
顔のノーマルマップ変更前
After
顔のノーマルマップ変更後
ちょっとおかしいところもありますが肌のザラザラ感がでていると思います。バニラの状態のテクスチャのっぺり感は減ってるんではないでしょうか。
既存の肌のノーマルマップに肌の質感のノーマルマップをペイントソフトで重ねただけです。
ノーマルマップのアルファチャンネルには立体の状態である一定の場所からライトを当てたらどう影ができるのか?という情報が格納されています。(右側だったかな?)
ですのでペイントソフトで平面的に重ねただけのこの方法は間違いなんです。けど見てそれほど違和感を覚えるわけでもないのでそれで良しとします。
いい……おっぱいです。(武内P)

プレイクラブとは違い顔のノーマルマップが16種類あって全て作るのはめんどくさいので今はとりあえず2種類だけ。
誰も作らなければ後で暇な時に全部作ろうと思います。

顔用ノーマルマップ2種

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする